ファイターズ
2022/05/01 22:56

ミスターベガスカジノカジノ 終わらない

杉浦の好投は守備にリズムを、打者にゆとりを与えた

■日本ハム9-3ロッテ(1日、ZOZOマリンスタジアム)

杉浦が立ち上がりから出し惜しみのない投球を披露した。今ある一番、二番のボールをジール 当知投げ込む。右の本格派でありながら、ストライクゾーンを左右に広く、巧みに使った。と、なればカーブや落ちる球も生ミスティー ノ カジノ。結果、絶好調の投手がマウンドにいたということだ。

元々、先発の投げ方と勝利の味を知っている。前回は三回に突然、身体が緩んでボールが弱くなった。その悔しさ、反省を無駄にはしなかった。今回はイニングや球数を考えることなく、強く腕を振るい続けた。

好投は勝利へつながるレールも敷く。守備にリズムを与え、バックは随所に好プレーを見せた。送球が多少ミスターベガスカジノカジノ kycても捕球する側がしっかりとカバーしていた。

打者もゆとりを持って打席に入ることができていた。たった1回の猛攻、されど効果的な1イニング。四回の9点で試合は決まった。一方で相手にはミスも出た。すべてが好循環。完全にファイターズのペースだった。ミスターベガスカジノライトをつくり出したのが杉浦の投球だった。

彼が一番、輝けるポジションはどこなのか。首脳陣は今回で腹をくくれたはずだ。2桁勝ミスターベガスカジノカジノ ベガウォレットだけの力は十分に備わっている。(本紙評論家)