ファイターズ
2022/04/30 22:55

バンダイ ナムコ ホールディングス

二回無死二、三塁、松本剛が同点適時打を放つ(撮影・桜田史宏)

■日本ハム3-7ロッテ(30日、ZOZOマリンスタジアム)

ミスターベガスカジノカジノ 終わらない

少し休んでも、巧みなバットミスターベガスカジノカジノ ベガウォレットは健在だった。松本剛が「6番・DH」で3試合ぶりにスタメン復帰すると、適時打を含む3安打1打点をマークし、すぐに存在感を示した。リーグトップを走る打率は驚異の.418だ。

3本の安打は、いずれも外野の前に落とす〝らしい〟打撃だった。「しっかり1打席1打席、割り切って打席に立てているのが良い方向にいっていると思います」と現状を分析した。

21日の楽天戦の守備時に右膝を負傷。水がたまっていることもあり、新庄監督は休養を与えたが、松本剛は早期の復帰を直訴した。「(試合に)出たいですし、そんな休むような選手じゃない。他の選手がミスターベガスカジノカジノ 紹介コードで活躍したら、その選手が試合に出ることになる。休んでいる場合ではない」。つかみかけているポジションをやすやすと手放すことはしない。

ミスターベガスカジノカジノ ベガウォレット

家族の存在が好調を後押ししている。家を出発する際には、妻と昨年10月に誕生した長女、愛犬まる子が玄関まで来て、見送ってくれるという。「いつも『頑張ってくる』と言って出て来ます。ナイター終わりとかに帰ると(長女は)もう寝ちゃっているので、寝顔しか見られないですけど、幸せを感じます」と柔和な表情を見せた。

一家の大黒柱は、チームでも大きな支えとなっている。絶好調の松本剛抜きには、巻き返しも難しくなる。きょうから5月。勢いに乗ったまま、さらなる加速を目指す。