冬季スポーツ
2022/02/18 14:08

ミスターベガスカジノカジノ ベガウォレット

ついに金メダルを奪取!! フィニッシュ後に勝利を確信し、ガッツポーズする高木美

■北京(中国)17日=島山知房

12年越しの夢かなう。スピードスケートの女子1000メートルが行われ、高木美帆(27、日体大職、帯南商高出)が1分13秒19の五輪レコードをマークし、金メダルを獲得。日本勢として冬季1大会で史上最多となる4つ目のメダルで、個人種目では自身初の金メダル奪取となった。

これまでの悔し涙がすべて歓喜の涙に変わった。近づくたびに何度もはね返されてきた個人種目の金メダル。「天才中学生」から日本のエースに成長した高木美が、ついに頂点にたどりついた。

五輪代表落選も経験し、浮き沈みの激しい時間を過ごした12年。レース後は苦楽の日々を思い返すように、国旗を掲げて場内を一周した。「つらいことがたくさんあった。(今大会は)苦しい中での始まりだったが、最後に自分の全てを出し切ることができた。満足している」。感無量の表情で会心のレースを振り返った。

5日の3000メートルから7戦目。「限界に来ていて、内臓がギリギリだった。初めて感じるくらい」と心身の疲労はピークに達していた。中間のラップタイムを考える余裕もなく「最初の一歩目だけを意識した」。スタート後は無心で1000メートルを滑りきり、タイムを確認すると、両手を天高く突き上げてガッツポーズ。最終組が滑り終えると、自然と目から涙がこぼれた。

5種目にエントリーしただけではなく、全ての種目でメダル争いを繰り広げた今大会。幼い頃からスケートも私生活も手を抜かない高木美だからこそトライできた異例の挑戦だった。

「いつ寝ミスターベガスカジノカジノ kycのか分からない。美帆だけ1日が24時間以上あるんじゃないかと思っていた」と話すのは、帯南商高スケート部のチームメートで、同じダンス教室にも通っていた関井翔太さん(27)。早朝の新聞配達から始まり、授業、部活が終わればダンス教室。そして、幕別町から自転車で通うという高校時代を過ごしたように、何事にも全力だった。

その姿勢は年齢を重ねても変わらない。「出られるレースは出たい」という信念を持ち続け、距離を問わず、場所を問わず可能な限り大会に出場し、世界トップスケーターに成長した。

初出場は10年バンクーバー大会。12年前の2月18日、1000メートル最下位から高木美の五輪の歴史は始まった。ミスターベガスカジノカジノ 終わらないから4382日。怒濤(どとう)の13日間を振り返り「満足です」。3度目の大舞台は最高の形で幕を閉じた。

■プロフィール

高木 美帆(たかぎ・みほ) 1994年5月22日、幕別町生まれ。幕別札内中3年時にバンクーバー五輪に出場。帯南商高から日体大に進学した。18年平昌五輪では1000㍍銅、1500㍍銀、団体追い抜きで金メダルを獲得。18年世界オールラウンド選手権では総合優勝を果たした。家族は両親と兄、日本代表の姉・菜那。164㌢、58㌔。